【夢へ再挑戦可】30代が応募すべきボーカルオーディションは〇〇!

【夢へ再挑戦可】30代が応募すべきボーカルオーディションは〇〇!

更新日:

The following two tabs change content below.

30代となり、「もう一度音楽をしたい」、「30代から歌手になりたい」と感じている方もいるかと思います。

とはいえ、”サラリーマンをしているので仕事との両立が難しい気がする”、”現実問題、30代で音楽を再トライしても無理ゲー”といったように、30代からの歌手活動=無謀と感じてなかなか踏み出せずにいるという方も多いのではないでしょうか。

確かに、売れる・人気のある歌手は20代には売れています。

30代の場合、年齢だけで”終わった人”というレッテルを貼られてしまうのです。

そのため、30代から歌手活動を再スタート/始めるのは、茨の道であるのは事実です。

ただ、そうは言っても、チャンスが0という事はありません。

30代でもチャレンジ出来て、すぐにリスナーを獲得出来るボーカルオーディションが存在するので、そこで結果を出せば道は開けます。

今記事では、

30代の方が受ける価値のあるオーディション

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

30代の方が受ける価値のあるオーディション

ミュージックプラネット=ベスト

結論から言いますと、30代の方で一気にリスナーを獲得したいというのであれば、「Music Planet(ミュージックプラネット)」のボーカルオーディションはマストで受けるべきと言えます。

というのも、ミュージックプラネット=合格後のサポートが手厚いからです。

◆プロのアーティストの楽曲を担当するプロデューサーとのコラボで歌手デビュー

◆フジテレビ、テレ朝、タワレコ等とタイアップ可能

◆全国のファミリーマートの店内放送でオンエアされる

◆ライブハウスを無料で借りる事が出来る

 

何より、プロのアーティストの楽曲を担当する方があなたの楽曲を手がけてくれるのは非常に大きなメリットと言えます。

※レコ大を獲得したAAAの楽曲を手がけた方、菅田将暉や蒼井エイル、zardといったアーティストの楽曲を担当した方があなたのために楽曲を制作してくれます。

これにより、あなたがソロで楽曲を配信した時よりも、5〜10倍は再生されるはずです。

そして、楽曲さえ良ければ、リスナー=年齢は気になりません。

その楽曲に関しても、プロの作曲家が制作&有名アーティストが実際にレコーディングで使用しているスタジオで録音&ミックスマスタリングを行いますので、音質・クオリティーも保証されます。

つまり、合格=一気にリスナーを獲得出来る楽曲が手に入るのです。

ミュージックプラネット=30代でも合格しやすい

また、ミュージックプラネット=30代でも合格がしやすいのも良い点です。

冒頭でも書いた通り、30代=ほとんどのボーカルオーディションで、終わった存在と見なされます。

「年齢が行き過ぎている」、「売れる見込みがない」と判断されてしまうのです。

ただ、ミュージックプラネットに関しては、

◆募集対象年齢=20〜49歳

◆仕事と両立しての歌手デビューがコンセプト

◆オーディション参加者=アマチュアの方

 

上記のように、年齢が不利にならないオーディションなのです。

仕事と両立しての歌手デビューがコンセプトですので、たとえ仕事をしていたとしても、30代という年齢でも、それによって落とされる事はありません。

また、合格後の楽曲制作についても、仕事に差し支えがないようにスケジューリングしてくれます。

実際にサラリーマンをしながら歌手デビュー、主婦をしなら歌手デビューしたという方も過去にいます。

つまり、”夢のために仕事を辞めずとも、夢を叶えられる”のです。

歌唱力一本勝負となるので、他のボーカルオーディション以上にチャンスがあるのです。

歌手再挑戦でも参加しやすい仕組み

そのうえ、ミュージックプラネット=対面式のオーディションの他に、録音データを審査員が聞いて合否が決まるリモート形式でも申し込みが出来ます。

これは、オーディション初参加組はもちろん、歌手再挑戦組にとっても追い風と言えます。

というのも、対面式でのオーディションの場合、一発勝負となるので、1テイクで最高の歌唱を披露しなくてはなりません。

ただ、何年も歌手活動から離れている場合、「前みたいに上手く歌えるかな」と無駄に力んでしまい、不完全燃焼に終わる可能性がなきにしもあらずだからです。

その点、録音データを送る形式であれば、何テイクも録り直す事が可能です。

そして、1番良いと思うテイクを提出すれば良いのです。

これであれば、久しぶりの”ガチ歌”披露であっても、緊張する事なく自分の力を発揮出来るはずです。

※ミュージックプラネットの合格率については下記記事にまとめています↓

【合格率調査!】Music Planet(ミュージックプラネット)のオーディションは全員合格?倍率は?

【合格率調査!】Music Planet(ミュージックプラネット)のオーディションは全員合格?倍率は?

スポンサードサーチ

■まとめ

30代の場合、何を始めるにしても「でも、自分ももう良い歳だしな…」、「今更始めたところで…」といったように、否定から入ってしまう方も多いはずです。

周りに話しても、同じように言われるのが目に見えているうえ、自分でもどこか無理なのではと感じているから、そう思ってしまうのも無理はありません。

ただ、自分で限界を決めない限りは、限界はありません。

例えば、スガシカオさんがデビューをしたのは30歳の時です。また、homeで一世を風靡した木山裕策さんがデビューしたのは39歳の時です。

木山さんに関しては、オーディション番組で合格した事がきっかけでデビューをしました。

このように、30代からでも多くのリスナーを獲得する事は可能です。

そして、オーディションへの挑戦が、その夢を叶える最短距離となるのです。

そのまま音楽をせずに過ごしていても、40代/50代となったタイミングで、「あの時音楽をしていたら、人生変わったのかな」と後悔するだけです。

色々な事に何度も後悔してきたであろう30代であれば、十分それが理解出来るはずです。

30代=何かを始める最後のチャンスです。

やりたい事があるのであれば、やれる事から始めてみるのが吉です。

下記公式サイトにて、オーディションの詳細、デビュー曲を担当してくれる作曲家の実績などを確認出来ます。

目を通してみたうえで、オーディションにチャレンジするかを判断してみるのが良いかと思います。

■ミュージックプラネットの公式サイト↓

新人ボーカル発掘プロジェクト【Music Planet】

アドセンス




アドセンス




-【夢へ再挑戦可】30代が応募すべきボーカルオーディションは〇〇!
-, , , , , , , , ,

Copyright© AuditionSerch , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.