【必見】フェイクが苦手でも歌手オーディションで合格出来ると言える理由

【必見】フェイクが苦手でも歌手オーディションで合格出来ると言える理由

更新日:

The following two tabs change content below.

歌手として大きなステージで歌いたい、音楽番組に出たいといった気持ちがある方の中には、歌手オーディションへの応募を考えている方もいるかと思います。

歌手オーディションに合格をする=”飛び級”で有名になれるといっても過言ではないくらい、得られる恩恵が大きいので、歌手として活躍したいのであれば、受ける価値は大いにあります。

とはいえ、中には「歌うのが好きだけど、歌唱技術に不安」、「フェイクやハモリといった歌唱技術が疎い」といったように、自分の歌唱技術でオーディションに合格出来るのか不安だという方もいるのではないでしょうか。

例えば、大手事務所が主宰をするオーディションの場合、すでにインディーズで活動している方や、ボイトレレッスンによって、歌唱技術を磨いている方も参加します。

当然、フェイクもハモリも身に付けており、ピッチがズレる事もありません。そういった既に音楽を理解している方と、これから歌手になりたい自分とが戦ったとしても、分が悪いのは明らかです。

そのため、オーディションに受からないのでは…と不安になる気持ちも分かります。

高音が苦手、フェイクが苦手といったように、自分の欠点を理解している方ほど、不安な気持ちが強まるはずです。

ただ、実際のところは、”これから歌手を目指している方を対象とした”歌手オーディションにアプローチをかける事で、そこまでの歌唱技術が無くとも、合格を果たせます。

そのうえ、合格するだけに止まらず、きちんと歌手活動が飛躍する事も可能です。

そこで今記事では、

◆歌唱技術が無くとも合格できる理由

◆受ける価値のあるオーディション

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

■歌唱技術が無くとも合格できる理由

審査員=育成すれば良いという考え

歌手オーディションと聞くと、やはり歌唱技術が物を言うのでは…と思うかも知れません。

ただ、これから歌手を目指している方を対象としたオーディションの場合、合格後にボイストレーニングを受ける事が通例です。

そのため、審査員も、「合格後に歌唱技術は育てれば良い」と考えていますので、自分が想像している以上に、歌唱技術の優劣を見てはいません。音程さえ取れさえいれば、合格のチャンスはいくらでもあります。

むしろ、フェイクやビブラートなどを多用した”癖のある”歌い方をする方が、かえって審査員の心象を悪くします。

というのも、合格後のボイトレで、悪い癖を修正するのがめんどくさいと捉えられるためです。

歌手オーディションで落ちる人の特徴3選

声質や歌手への思いを重要視している

上記のように、新人を対象としたオーディションの場合、そこまでの歌唱技術は求められません。

”あれば良い”程度のものであり、技術自慢をしすぎると、かえって首を締める事になるのが現状です。

審査員としても、歌唱技術=ボイトレでいくらでも身に付けさせる事は可能と考えていますし、過去の合格者も、素人レベルからプロの歌手として紹介しても恥ずかしく無いレベルの歌唱力に引きあげたという、”育成実績”があるので、歌唱技術のプライオリティーは高く無いのです。

それよりも、声質や歌手への思いを審査基準にしている事が多いです。

というのも、声質=ボイトレで大幅な改善が難しいためです。

ですので、声質に光るものさえあれば、たとえフェイクが苦手…、ピッチが多々ずれるといった場合でも、受かる可能性は大いにあります。

また、歌手への思いもまた、重要な部分です。

やはり、いくら歌がうまくとも、本人のモチベーションが維持出来なければ、合格させてボイトレを受けさせた意味がなくなってしまいます。

オーディションを主宰した側は、単純に時間とお金を損する事になるだけです。

そのため、本気で歌手として活躍したいという思いが強ければ、人柄を評価されて合格出来る事もあります。

スポンサードサーチ

◆受けるべき歌手オーディション

ミュージックプラネット=新人に最適

上述した通り、これから歌手を目指す方を対象とした歌手オーディションであれば、そこまでの歌唱技術を求められていない分、合格のチャンスがあります。

そのうえ、他の応募者も、カラオケで歌うのが好き、歌手としての活動はした事がないといったように、これから歌手活動をしていきたいと考えている方たちという点もまた、歌唱技術に合否が左右されない点と言えます。

中でも、『Music Planet(ミュージックプラネット)新人ボーカル発掘オーディション』は、これから歌手を目指す方を対象とした歌手オーディションの中でも、特に合格後の飛躍が見込めるものですので、受ける価値があるはずです。

◆書類選考なしでスマホから応募できる

◆7万人以上登録者がいるチャンネルに曲をアップ可能

◆プロの作曲家がデビュー曲を制作してくれる

◆サマーソニック出演者、TikTokのCMソングに起用された方を輩出

 

参加費無料&スマホからすぐさま歌唱審査を受けられるオーディションでありながら、合格後に得られる恩恵が非常に大きいのです。

下記公式サイトを見てもらえれば分かりますが、曲を制作してくれる作曲家=誰もが知っているアーティストにも曲を提供している超一流です。

そんな人と曲を発表出来るため、デビュー曲から飛躍を狙えます。

【必見】ミュージックプラネットの口コミ評判10選まとめ!

【必見】ミュージックプラネットの口コミ評判10選まとめ!

■まとめ

歌唱技術が無くとも合格できる理由を書いていきました。

このように、受ける歌手オーディションを選別する(※新人を対象としたものにアプローチをする)事で、歌唱技術や音楽への知識が乏しかったとしても、合格を狙う事は可能です。

そのうえ、先ほど挙げたミュージックプラネットに関しては、新人を対象としたオーディションにありがちな、合格後にレッスンだけさせて費用を搾取するといった悪徳な事務所でもありません。

合格後の事務所所属がない時点で、無駄にレッスン費用を搾取される事はないというのは分かるかと思います。

そのため、合格が狙えて、尚且つ歌手としての成功に向けて前進する事の出来る歌手オーディションなのです。歌手として活躍したいという思いがあるのであれば、受けてみる価値はあるはずです。

■Music Planet(ミュージックプラネット)のオーディションについて↓

【新人ボーカル発掘オーディション】Music Planet

アドセンス




アドセンス




-【必見】フェイクが苦手でも歌手オーディションで合格出来ると言える理由
-, , , ,

Copyright© AuditionSerch , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.